水まわりの臭いの“お手軽”改善策

水まわりの悪臭は、日常的な汚れが蓄積したことによって発生した詰まりなどが原因の多くを占めます。したがって、日頃からこまめに掃除し汚れを溜め込まないことが、理想的な解決策なのです。身近な材料で手軽にできるニオイ対策を、ぜひお試しください。

ニオイ対策には、クエン酸を使ったお手入れを

洗面台やバスルームの水垢や石けんカスなどアルカリ性の汚れは、酸性で中和すると落としやすくなります。具体的にはクエン酸が有効です。クエン酸は、酸が揮発せずに残留するため、水垢や汚れが落ちやすく、さらには着きにくくする効果が期待できます。水に対して2%のクエン酸を混ぜた「クエン酸水」をスプレーボトルに入れておくと、サッと使えて便利です。
普段から、洗面台やバスルーム使用後はすぐに汚れを洗い流し、クエン酸をスプレーしておくことでカビ予防ができます。また、すでに着いてしまった汚れは、スプレーしてしばらく置いてからこすり洗いをするとスッキリと汚れが落ちます。

重曹を合わせて使うと、さらなる効果が

油汚れの多いキッチンでは、重曹を併用するとさらにきれいに仕上がります。排水口や三角コーナーなど油も伴っている汚れは、重曹を振りかけて数時間置いておくと格段に落ちやすくなります。その後、クエン酸水をスプレーしておくと、雑菌も抑えられ衛生的な状態が保てます。
また、普段のトイレ掃除にも重曹を使うことをオススメします。しつこい黄ばみ汚れなどは、重曹でこすり掃除をした後に、トイレットペーパーを便器内に敷き詰めクエン酸水を吹きかけておきましょう。数時間後には黄ばみもツルリと落ちるはずです。さらには、広口のカップに、お好みのエッセンシャルオイルを数的垂らした重曹を入れておくと、消臭剤・芳香剤の役割も果たしてくれます。
クエン酸も重曹も食用にも供されているもので、安全・無害。環境への影響もありません。化学的な薬剤に頼りすぎることなく、普段からニオイや汚れを防ぎたい方は、ぜひお試しください。

水回りの悪臭対策料金表