悪臭が発生しやすいお風呂場。正しい換気とこまめな掃除を

浴室や洗面所は、住宅内の他の部屋に比べて湿度が高いことが日常的です。したがって、臭いの原因も発生しやすい状態にあります。こまめに換気し、細かいところまで清潔に保つことで、悪臭の元を絶つことが大切です。

お風呂場の悪臭の原因について

お風呂の悪臭の原因は、多くの場合は排水溝にあります。具体的には、排水管に付着した汚れが水分と混ざり、カビが発生したことによる臭いです。
また、身体を洗うためのスポンジやブラシなどには皮脂が付着しているため、思っている以上に汚れています。使用後ずっと濡れたままにしておくと、この汚れに細菌が繁殖してイヤな臭いが発生してしまいます。洗濯のときに一緒に干す、という習慣をつけるとよいでしょう。

お風呂場の悪臭の対処法について

前述の「排水溝に付着した汚れ」の多くは、入浴時やシャワー時に抜け落ちた髪の毛です。髪の毛が、配管と配管の継ぎ目や隙間に引っ掛かり蓄積されてしまい、それらに雑菌繁殖・ヌメリが加わり、次第に臭いが発生するようになるのです。
つまり、お風呂場の悪臭予防のためには、なるべく「髪の毛を排水に流さない」こと。排水口にネットなどを取り付け、排水管に髪の毛を流さないようにすることで、排水管の詰まりを予防することができます。また、普段からのこまめな掃除に加えて、月に1回程度、市販されている排水パイプ用の洗浄剤などで排水溝を常にきれいにしておくことも大切です。

その他、普段から気をつける点について

お風呂の悪臭を防ぐためには、換気が重要なのはもちろんですが、実は、ただ換気扇を回しておけばよい訳ではありません。換気には必ず出口と入口が必要で、換気扇を出口とした場合、お風呂場の窓やドアを開けて入口を作っておかなければ、あまり効果は得られないのです。
換気扇を十分に回しているのにお風呂場にカビが生えるという場合は、この“出口と入口”を確認してみてください。

上記の点に気をつけても悪臭が解消されない場合は、ぜひ、専門業者に臭いの原因追及を相談してください。私たち「住まいる水道サポート」、原因を徹底究明して、臭いの元を根絶します!

水回りの悪臭対策料金表