台所の排水口の臭い。ゴミの腐敗かホースの破損を疑って

まずどこから臭いがしているのか、なかなか突き止められない。そしてもし原因が分かって掃除しても、簡単には消えないのが排水溝の臭いです。
ここでは主に、キッチン周りから漂ってくる悪臭の原因はどこあるのか、その対策には何が有効なのかをご紹介します。

キッチンの悪臭の原因について

キッチンの排水溝には、流れてくるゴミを受け取るキャッチャーがあり、その下に水が溜まっています。その溜まった水は、キッチンを使うたびに押し流され、常に新しい水に入れ替わっているため、水が腐ってそれが悪臭の原因になるということはあり得ません。
ではなぜ、排水溝が臭うのかというと、主な原因としては以下の2点が考えられます。
ひとつめは、「排水トラップが汚れている」場合。排水溝からの臭いをいくらブロックしても、排水トラップより部屋側が臭いの発生源では意味がありません。
ふたつめは、「下水の臭いが排水トラップを避けて入り込んでいる」場合。排水トラップは、配水管を上ってくる臭い以外に対しては効果を発揮しません。
「掃除をこまめにしているのにくさい」場合は、このふたつめによる可能性が高いでしょう。

  1. ○ 排水トラップが汚れている場合
    排水トラップを長時間、掃除しないままでいると、食べ物カスなどが元で細菌が繁殖し、腐敗臭が漂うようになります。スポンジやブラシ、重層などを使って、こまめな掃除を心掛けてください。
  2. ○ 下水の臭いが排水トラップを避けて入り込んでいる場合
    排水トラップを掃除しても臭いが消えず、シンクの下から臭いを感じる場合は、下水の臭いが排水ホースを通らず室内に入り込んでいる可能性があります。以下の2点をチェックしましょう。
    ひとつめは、蛇腹の排水ホースが破損していないか。ふたつめは、排水ホースと排水パイプのつなぎ目に隙間はないか。このような状態が確認できたら、市販されている材料を使って、ご自分で修理することも可能ではありますが、きちんとした修繕のためには業者への依頼をご検討ください。

その他、見逃しがちな点について

下水のような悪臭がした場合、キッチン、トイレ、洗面所を確認されると思いますが、「洗濯機の排水溝」も確認することもおすすめします。洗濯機の排水溝と排水ホースがぴったりと合っておらず、そこから臭いが漏れていた、ということも珍しくありません。

水回りの悪臭対策料金表