不快なトイレの臭い。こまめな掃除でブロックを

トイレでの悪臭の原因は、2つに大別されます。その原因を特定することで、意外とスムーズに臭いの元を絶つことはできるのです。

トイレの悪臭の原因について

原因のひとつめは、「使用した際に出る臭い」です。
排泄物からは、メタンやなどの臭いの元になるガスが出ます。臭いが空気中に出る前に水の中に落とせば臭いは少なくなります。つまり、こまめに水を流すことで、ある程度の臭いは抑えることができます。また、近年のトイレは自動的に臭いを消したり、良い香りを出したりする機能も備えていますので、この原因は消臭しやすいと言えるでしょう。
一方、もうひとつの原因は、解消に少し手が掛かります。それは、「尿石が溜まった場合の臭い」です。
尿石が溜まると、それをバクテリアが分解することでガスが発生、アンモニア臭を感じます。たとえば、温水便座で蓋をして便座を温めているときは、便座のフチの裏側にある尿石をバクテリアが分解しやすい温度・湿度が揃った格好の状態です。この際に、ガスが発生して臭うのです。こうした状態を防ぐため、最新型の温水便座は、使用中以外は温座の電源が自動でOFFになったり、オゾンを発生させて臭いを分解したりするものも多くなっています。

トイレの悪臭の対処法について

では、臭いの原因になる尿石が付かないようにするにはどうすればよいでしょう。
ポイントは、やはり“こまめな掃除”です。
尿が体外に出た直後は弱酸性なので、弱アルカリ性の洗剤(重層の希釈液)などで、比較的簡単に落とすことができます。しかし時間が経つと、アルカリ性の石のように硬い汚れになるため、ご家庭にある洗剤や道具で落とすことは難しくなります。
普段の掃除では、「洋式便器の内側のフチの裏側」「便座のふたの付け根部分」「便器と床の隙間」をチェックして汚れを残さないことで、悪臭の原因をつくらないことにつながります。

水回りの悪臭対策料金表