平穏な生活で突然訪れる5つの水道トラブル

水道や下水のトラブルには、何らかの前兆があります。
通常は、前兆を大したことがないと軽視し、状況がひどくなってから慌ててしまうことが良くあります。
水道や下水のトラブルは、前兆を見つけたら早く修理するか、専門家に修理を依頼する必要があります。
水道のトラブルでは、トイレやキッチン洗面所や浴室でトラブルが発生します。
蛇口や水道管に問題があることが多く、部品の交換が必要な場合もあります。
下水のつまりは速やかな対応が必要です。
配水管のつまりは、放置していても直らず、一滴も流れない状態にもなります。
最悪の状態になる前に、早めの修理が必要です。
排水のつまりは室内の配水管がつまるだけでなく、屋外の下水管や桝がつまることが良くあります。
普段からの点検が必要です。


トイレがつまって流れない…

トイレがつまって流れなくなることは良くあります。
つまる原因は、トイレに流してはいけないものを流したこと、
一度に多くのトイレットペーパーを流したことなどが挙げられます。
トイレでも節水型ではないタイプは、トイレを流す時に水道の水が多く流れることがあります。
節水のために水を溜めておくタンクにペットボトルを入れておいたりすると、
必要な水量が確保できずにつまる場合があります。
トイレのトラブルでは、便器の構造を理解しておく必要があります
便器の排水は、排水管が真っ直ぐ下りていっている訳ではありません。
トラップと言う、封水と言う、臭気があがってこないような水が張られた部分があります。
トラップの構造は複雑なものがあり、流れ難いものや、大量のトイレットペーパーを流すことでつまってしまいます。
トイレのトラブルの多くは、トラップが関係しています。
さらに、トイレのつまりでは、屋外の配水管や桝が関わっていることがあります。
屋外には屋内の配水管が流れ込む桝が設置してあり、何ヶ所かの桝を経由して、排水管により、下水管等に接続しています。
枡は長年に使用により細菌類がかたまりをつくることがあります。
このかたまりにより、それより下流に水が流れなくなり、トイレがつまることになります。
桝のつまりによるトラブルは、まったく水が流れないわけではなく、時間をかけてゆっくり流れるのが特徴です。
それに対して、トラップの詰まりの場合は、まったく水が流れなくなります。
トイレが詰まった場合は、原因を特定することが大切です。
明らかに紙や異物の流しすぎの場合はトラップが塞がっている可能性が高いと言えます。
スッポンと言われる排水管の詰まりを取る道具を用意し、何回か上下運動を試みると、たいていの場合は流れます。
外部の桝のつまりは、異物をスコップ等でかき出すことで直ります。

すっぽん


キッチンの床から水が染み出してきた…

キッチン床から水が染み出すトラブルの原因は二つあります、
一つは給水管からのもの、もう一つは配水管からのものです。
さらに、給水管に給湯器や給湯配管が設置されてい場合は、それが原因であることもあります。
キッチンでの水のトラブルでは、原因をつきとめる前に、水の漏れを止める必要があります。
配水管が原因の場合は水を流すのを止め、給水管が原因の場合は、元栓を止める必要があります。
給湯機が関わっている場合は給湯機のスイッチを消して様子を見ます。
キッチンの流し台の下を覗くと、太い排水管と細い給水管、同じく給湯管が設置されています。
トラブルがどこで発生しているかの確認が必要です。給水管がトラブルの原因である場合は、水道を止める必要があります。
水道を止める止水栓は何箇所かに分けて設置してあります。
水道の水漏れでは、始めに水を止め、原因を特定する必要があります。
流し台の下の給水管にも止水のための蛇口がついています。
初めにその部分を止め、それでも水の出が止まらなければ、最終的に家全体の止水栓を止める必要があります。
水道を家の中に引き込むには、元栓と言われる止水栓が必ず設置されています。
普段から元栓の位置を確認しておき、トラブルが起きた時に対応できるようにしておく必要があります。
キッチンのシンクの排水管のつまりは、油汚れなどが長年の間に付着したものです。
初期には専用の洗剤等で落ちる場合もありますが、ある程度のかたまりができると、専門家による洗浄が必要です。
キッチンの排水管のつまりに効果的なのが、高圧洗浄です。道路に専用の車をとめて高圧の水を供給し、
一気に排水管の汚れを除去する方法です。
水道のトラブルでは、蛇口や給水管のどこかに故障が発生していると考えられます。
多くの場合は部品の交換が必要なので、専門家への依頼が必要です。

専門家


深夜に水漏れして今すぐ対応して欲しい…

水道のトラブルは、時間をかまわずにやってきます。
水道のトラブルや水漏れを修理する業者の多くは、24時間の受付を行っています。
しかし、受付は24時間でも、夜間の修理には対応していない場合があり、技術者の対応がつかない場合もあります。
最低限、水道を止めるための元栓の位置は、普段から知っておく必要があります。
元栓は、水道の引き込み部分にあり、一戸建ての場合は道路の傍の敷地内にあります。
多くは、地中に桝が掘られ、手を中に入れて、水道の水を止めることができるようになっています。
大本の元栓以外でも、家庭内の水道の蛇口の下には、止水栓が付いています。
止水栓は水漏れの時に完全に水を止めることができる他、普段でも流量の調整に使えて便利です。
普段から使っておくことで、いざと言う時に対応できることが必要です。
水道のトラブルでは、専門家に修理を依頼し、部品を交換する必要があります。
深夜の水漏れの場合は元栓或は止水栓を止め、水が流れない状態にした後、業者へ連絡し、翌日の修理を待つのが良い方法です。
水道のトラブルや排水のつまりを修理する業者は多く、年末年始を除いてはいつでも修理をしてくれます。
水道のトラブルや排水のつまりは時々あることなので、特定の業者を決めておくといざと言う時便利です。
以前は地元の業者に頼るしかありませんでしたが、現在は全国展開している業者も多く、仕事が速く丁寧です。
業者が修理に訪れた場合は状況を見てもらい、見積りをとることが必要です。
その場で見積りを書いてくれる場合もあれば、口頭で伝えられる場合もあります。
支払いは後日の振込み等が一般的で、修理当日に支払いを請求されることはめったにありません。
水道のトラブルや排水のつまりを修理してくれる業者を選ぶ場合は、担当の技術者の態度や身なりも見てから判断することが大切です。

水漏れ


蛇口を閉めても水が漏れる…

水道のトラブルで多いのが、蛇口を閉めても水が漏れるトラブルです。
多くはパッキンと呼ばれる部品の劣化によるものです。消耗品なので、定期的な交換が必要です。
パッキンは一つの蛇口に数箇所はついていて、壊れた箇所だけでなく、全ての箇所の交換が勧められます
。一つの部品が壊れる頃には、他の部品も磨耗していることが多く、パッキンの全てを交換するほうが特になります。
パッキンの交換だけなら費用は最低限で済みます。蛇口の水栓本体が壊れる場合もあり、多くは交換が必要です。
水栓の機器は種類が多く、適切なものと交換する必要があります。蛇口は使っているいうちに必ず壊れるものです。
性能の良い水栓は高価です。便利に使える機能が備わっている反面、交換の場合は費用がかさみます。
修理のことを考えると、シンプルな機能で経済的な水栓が勧められます。
現代の生活では給湯もいっしょにできる混合栓が欠かせません。
混合栓は以前は2ハンドル混合栓が主流でしたが、現在は、シングルハンド混合栓が主流です。
2ハンドル混合栓は、お湯と水のための別々のハンドルが付いていて、それぞれを回して水量を調整するものです。
一方、シングルレバー混合栓はレバーの上下で水量を調整し、レバーを左右に動かすことで水と湯の量を調整します。
シングルレバー混合栓の方が使いやすく便利ですが、交換の場合は高く付きます。
蛇口の修理においては、ホームセンターで部品を買ってきて、自分で修理する方法も考えられますが、違法な行為です。
水道の工事は、水栓も含めて有資格者が行わなければなりません。
修理には一定の工具が必要で、工具代だけでもばかになりません。
簡単な水漏れの場合でも、専門業者に依頼することが求められます。水漏れは放置しておくと状態が悪化するだけです。
早めの修理依頼が状態の悪化を防ぎ、簡単な工事で済むことにつながります。

水道蛇口


お風呂の蛇口がグラつく…修理したい…

お風呂の蛇口は長年の使用により壊れてきます。
水漏れ程度なら、パッキンの交換で対応できますが、グラつきが出た場合は交換が必要となります。
浴室の水栓は機能が豊富です。給水と給湯の他に、シャワーの水栓が付いているので複雑です。
浴室では、以前から使われる2ハンドル混合水栓に代わり、サーモスタット混合水栓やシングルレバー混合水栓が普及してきました。
サーモスタット混合水栓やシングルレバー混合水栓は温度調整が自動でできる高機能が付いているものもあります。
交換の目安は、パッキンを交換しても水が漏る場合や、ぐらつきが激しく、パッキン以外の部分から水が漏る場合です。
風呂ではシャワーを利用する場合がほとんどですが、シャワー自体が壊れる場合があります。
部品の在庫があれば、シャワーの部分だけを交換することができます。
ただし、シャワーヘッドとホースが合わない場合があり、アダプターによる調整が必要です。
風呂では他にも排水関係の金物が多く使われています。風呂の排水とトップは独特の形状をしています。
髪の毛などがつまりやすく、定期的な清掃が必要です。浴室の排水はゴミや髪の毛が多く混じり、つまりやすい部分です。
トラップ内には髪の毛が簡単に流れていかない突起が付いているので、定期的に清掃し、つまりを防ぐ必要があります。
内部のトラップでつまりが発生した場合でも、トラップの構造を知っておくことで、自分で修理が可能です。
トラップの構造は、インターネットの検索により、知ることができます。浴室の浴槽は洗濯機に水を供給する所でもあります。
浴槽から水を取るためのホースも壊れることの多い部品です。
ホースは物販店で販売しているので、自分で交換することができます。
浴槽の排水口を塞ぐ蓋も壊れやすい部品です。くさりが付けられている蓋の部分も交換が可能です。

お風呂


水道トラブルにあったら住まいる水道へ