無知な人がトイレ詰まりを直すための4つの対処方法

突然、トイレ詰まりに遭遇すると、慌ててしまいませんか。
流したいけれど流れないので、これ以上水を流すことができません。
ただ、完全に詰まっているわけではないこともあります。
完全に詰まっていてもそうでなかったとしても、詰まったままにしておくわけにはいきません。
どうすれば解消されるのか、自分で直せるのかどうかをまずは考えましょう。
実は、自分で直してしまうこともできます。
だから、まずは、どのようなケースなのかを考えた上でどう対処すればいいのかを考えてください。

考える

どうしても自分では無理だと思ったら、業者を呼んでください。
連絡すると、早く来てもらえるでしょう。24時間365日対応してくれることもあるので安心です。


業者を使ってトイレ詰まりを直す

どうしたらいいのかがわからないときは、業者にお願いしたほうが良いです。
それなりにできる限りのことをやってみたけれどダメだったり、とにかく何をして良いのかわからない場合などは連絡してみてください。
業者にもよりますが、24時間365日対応してくれることがあります。
夜間や早朝でも駆けつけてもらえるので助かります。ただし、特別料金がかかる場合があるので、少々割高になるかもしれません。
普段、ほとんどトイレ詰まりの経験がない人は、このようなトラブルが起こることを想定していないので、業者の連絡先を知らないでしょう。
できれば、万が一の時のために良い業者を探して連絡先を控えておいてください。
トイレ詰まりが起こったときも早く調べて連絡しましょう。

業者さん

プロだから、すぐにトイレ詰まりが解消すると思うかもしれませんが、ケースによって違います。
原因によっては、三十分程度で終わることもありますが、便器を外さないといけないこともあるので、何時間もかかるかもしれません。
特に、和式の場合は大変です。便器の取り壊しをしないといけないこともあります。
電話で相談することになりますが、最初から便器を取り外すという業者は避けたほうが良いです。
現場の状況を確認してから的確に判断してもらいましょう。
まずは、見積もりを出してもらってください。いくつかの業者の見積もりを比較して、
費用が安くて信頼できるところに頼むとトラブルに遭わなくて済みます。
また、順調にトイレ詰まりも解消できます。
原因がわかっている時は、このように見積もりを出してもらうことができるので、やっておきましょう。
トイレ詰まりを起こすとパニックになってしまう人もいるかもしれません。
このような事態では、自分で直すことはできませんから、業者に早く連絡してください。



ラバーカップを使ってトイレ詰まりを直す

トイレ詰まりと言えば、ラバーカップが有名です。
見たことがある人も多いでしょう。万が一の時に備えて、自宅に1本置いておくと助かることがあるかもしれません。
ただ、あの形を見て、すぐにどうやって使えば良いのかがわかる人もいますが、わからない人もいるでしょう。
なんとなく使うと意外とトイレ詰まりがうまく直せないので、使い方を覚えておいたほうが良いです。
まずは便器の水位をぎりぎりか10cm以下になるまで水を抜きます。
それから、水が溜まっているところにゴムカップ部分を沈めてください。
ゴムカップの中が真空になるようにふちを排水溝にしっかりと押し込んでみましょう。
すると、詰まっているものが動くはずです。
詰まっているものが押し込まれていくので、奥まで沈めてから勢いよく引き上げます。
こうすれば、詰まっていたものが逆に押し戻されるでしょう。
1回ではあまり効果がないかもしれません。水圧が感じられるようになるまで、何度も同じことを繰り返してみてください。
ただし、詰まっているものが動いても、また同じように詰まる恐れがあるので、詰まっているものが出てきたら、
すぐに取り除けるように準備しておいたほうが良いでしょう。
もうトイレ詰まりが解消されたように見えて、まだ、解消されていない場合もあります。
ハンドルを回すと大変です。
まずは、バケツで水を流してみて、きちんと流れることを確認してからハンドルを回してください。
ラバーカップがあると、いざというときにとても役に立ちます。
ただ、ラバーカップを持っていない人がとても多いです。
スーパーなどで販売されていますので、いつトイレ詰まりが起こるかわかりませんから、1本買っておきましょう。
正しく使えていれば、ケースにもよりますが、うまく詰まっているものが取れて、自分で直せるかもしれません。

ラバーカップ




お湯を使ってトイレ詰まりを直す

お湯を使ってトイレ詰まりを直すことができますが、ケースによります。
水に溶けるものならばお湯で直せるでしょう。溶けないものは他の方法で対処してください。
トイレットペーパーなどが詰まっている時は大丈夫です。
ただし、便器は陶器でできており、熱湯を使うことを想定していないので、40度から50度くらいのお湯を使いましょう。
便器が割れるのを防ぐためです。
便器からあふれ出ない程度にお湯を入れていきます。多少は勢いよくお湯を入れたほうが良いので、うまく加減してみてください。
お湯でうまくふやけてくれると流れるようになります。
どのようなものが詰まっているのかによっても、この後の対処法に違いが出ます。
比較的少量で、ふやけやすいものならば、数分置いてすぐに流しても大丈夫でしょう。
しかし、量が多く、ふやけにくい場合は少し長めに置いてください。それから、流してみてください。
それでも流れない場合は、もう一度同じ方法を試してみましょう。
お湯が冷めてはふやけにくいのでもう一度入れたほうが良いです。
そして、時間を置いてから流すと、トイレ詰まりが解消されるかもしれません。
ふやけるものが詰まっている場合は、時間がかかるかもしれませんが、この対処法でトイレ詰まりは直ります。
この方法は、ふやかしたものをそのまま流してしまいますから、水没したスマートフォンなどはやめてください。
ふやけませんし、このようなものはラバーカップで解消したほうが良いです。
ふやけやすくしようと思って、熱湯など熱すぎるお湯を使わないことがポイントです。
便器が壊れて、結局、業者を呼ぶことになるかもしれません。湯沸かし器などのお湯を使うとちょうど良いでしょう。
トイレ詰まりが起き、ふやけやすいものだった場合は、すぐに湯沸かし器のお湯を使うように覚えておくと良いかもしれません。




バケツを使ってトイレ詰まりを直す

バケツを使ってトイレ詰まりが直るかもしれません。
この場合は、勢いよく水を流してトイレ詰まりを直そうということです。
この方法を行う場合は、新聞紙を便器の周りに敷いておきましょう。ビニールシートでも構いません。
また、便器内の水位が高い場合は、バケツを使って水を抜いておいてください。適度に抜く程度で十分です。
バケツに水をくんで、排水口をめがけて勢いよく流してください。
強引ではありますが、勢いが強いと、そのまま流れるようになるかもしれません。
勢いよく水を詰まっているものにぶつけることで、トイレットペーパーなどが形を変えるので、流れるようになることがあります。
また、おもちゃなどのふやけないものでも、詰まりが解消されて浮いてくることもあります。
このような硬いものが詰まっており、便器内に浮いてきたら、すぐに取り出してください。
また、同じように詰まる恐れがあるので、出てきたら忘れずに取りましょう。
この対処法でトイレ詰まりが解消されることも多いです。
ただし、詰まっているものによっては、流れたと思っても、今度は奥の方で詰まってしまい、悪化してしまう恐れもあります。
トイレットペーパーなどのふやけるものは良いですが、ふやけないものの場合は、ラバーカップを使って取り除いたほうが安全です。
この方法は、トイレが水びだしになる可能性があるので、新聞紙などを敷いておくだけではなく、
自分も汚れても良い恰好をしておいたほうが良いかもしれません。
家にあるものでできるので、まずは、これを試してみてください。
バケツがない場合は、洗面器などでも構いません。ただ、バケツのほうが水をたくさん使えますし、使い勝手が良いでしょう。
もちろん、この方法でトイレ詰まりが必ずしも改善するわけではありませんが、いざというときに試してみてください。

バケツ


手持ちの道具や緊急度など、ケースごとに対処方法を選ぼう

もしも、トイレ詰まりが発生した場合、どの対処法を行うのかを決めなくてはなりません。
何が詰まっているのかによっても違います。ふやけるものは、水やお湯で何とかなるでしょう。
時間がかかっても流れる可能性が高いので、業者を呼ぶ必要もないはずです。
しかし、ふやけないものが詰まった場合は必ずしも水などで改善されるとは限りません。
最初に、試しに勢いよく水を流してみて、だめならラバーカップを使いましょう。
たいていの場合はこれで改善されるはずです。それでもだめなら業者を呼びましょう。
もともと水の流れが弱くなっていて、とうとう詰まってしまったというようなことならば 、
自分で対処しないで、業者を最初から呼んだほうが良いでしょう。流れやすい状態にしてもらうこともできるからです。
ただし、トイレ詰まりをそのままにしておくことだけはやめてください。
そのうち流れると思うかもしれませんが、ずっと詰まったままで、結局、業者のお世話になることもあります。
より悪い状態になっているので、費用が高くなるかもしれません。
また、汚物だらけで恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。
緊急度によっては、自分でやるよりも業者に頼んだほうが良い場合もあります。
時間をかければ流れるけれど、すぐに流さないとお客さんが来るような場合などがそうです。
意外と自宅にあるものを使って何とかなります。 だから、時間がある時は自分で流せるようにしてみませんか。
絶対にとは言い切れませんが、意外と簡単に流せるようになるでしょう。
トイレ詰まりを目の当たりにすると、パニックになる人もいれば、ショックを受ける人もいます。
ただ、対処法がわかっていれば、慌てることなく、落ち着いて対処できます。
いつ、トイレが詰まっても良いように、あらかじめ対処法を覚えておきましょう。

トイレ


トイレつまり修理を頼むなら住まいる水道へ