水質やメーターに異常を感じたら、水道配管故障の疑いアリ

水道配管で水漏れが生じた場合は、たいていのケースにおいて工事が必要となります。ここでは、工事が必要となった際の進め方における注意点などについて、ご紹介します。

水道管からの水漏れの原因について

水漏れの原因としては、やはり老朽化によるものが多いでしょう。配水管の工事というと、大掛かりなものを想像しますが、部分的な修繕で済むことも少なくありません。
たとえば、宅地内に埋設されている給水管から水が漏れている場合は、指定の工事業者への連絡が必要です。もし庭の掘削などが必要となる場合も、露出管などを利用する方法などをとれば、その費用を軽減することも考えられるでしょう。
また、鉄管が腐食していることが原因で水漏れが起きてしまうケースもあります。この場合は、配管を取り替えるよりも、補強により保温加工などをして処置をするという方法をとることで、費用を抑えることも可能です。あるいは、バルブの継ぎ目などから水漏れがする場合では、高度な作業が必要となるため、費用も高めになるのが一般的です。
多くの場合、ひとつの現象に対する解決策はいくつか考えられますので、まずは見積もりを元に、工事業者と最適な方法を相談しながら決めるようにしてください。

その他、工事が必要な場合について

その他にも、水道管の中に錆が溜まったり、濁ったり変色した水が出たり、詰まって流れが悪くなったりした場合など、水漏れはしていなくても、それを未然に防ぐために、老朽化した水道管を交換する工事が必要になることもあります。
また、メーターの数値が急に増えたなどの現象が起きた場合は、目で見えない箇所から水が漏れている可能性があります。すぐに、水道局などに調査を依頼した方がよいでしょう。

対応している配管