蛇口を新しくして手間と時間を節約!

蛇口のなかにある、パッキンはいくつか種類があり、水漏れ箇所によってパッキンを交換する部分が変わります。水漏れ箇所をピンポイントで見つけ出すのは、素人では難しいので、水道屋に相談する事をおすすめします。

蛇口の水漏れ、パッキン交換が必要

まずは、簡単に水漏れ箇所の確認方法を解説します。だいたいが、次の3つのいずれかの箇所から水が漏れが発生します。①蛇口から水が少しずつ漏れいている。②パイプの付け根から水が漏れている。③ハンドルの下から水が漏れている。
次に、パッキン交換について解説します。まず、前提として、パッキン交換の前には必ず、水の元栓を締めてください。こちらを忘れてしまうと、室内が水浸しになります。基本的には、戸建てであれば屋外、集合住宅であれば、パイプスペースにあります。

蛇口(吐水口)から水漏れがあった場合の修理方法

ここでは、ケレップ(コマ)パッキンの消耗が主な原因となりますので、このパッキンを交換する必要があります。まずは、モンキーレンチ等でハンドル下のナットを外してください。(普通は左まわしです)次に、ナットが緩んだら、ハンドル部分をまわして、蛇口からハンドルを引き抜いてください。(元栓を閉めていないと大変なことになります)蛇口の内部をみると、ケレップが確認でき、それを取り出し新しケレップパッキンに交換してください。これで、あとはもに戻せば完了です。多少、力仕事になりますし、普段DIYをやらない型は工具や部品をそろえる必要があります。交換頻度はあまり多くはないので、水道屋に任せるのが早いかもしれません。住まいる水道サポートでは、364日24時間受付をしておりますので、水まわりのトラブルでお困りの方は、お気軽にお問合せ下さい。無料見積も行っております。

蛇口の水漏れ修理の料金