蛇口を新しくして手間と時間を節約!

蛇口からの水漏れ。部品の交換をすれば、たしかに、費用も手間も節約できるように思えます。
しかし実際は、思い切って新品の蛇口に交換する方が、いろんな意味でエコになるのです。
そのカラクリと、新品交換をおすすめする理由をご紹介します。

部品交換のデメリットについて

家族構成や使用頻度などにもよりますが、一般的に、レバー式蛇口本体の寿命は10年程度。そして故障が現れるのも、10年程度経過したころ。そしてさらには、メーカーが補修部品を用意している期間も10年が目処。つまり、修理が必要な頃には、交換部品の製造が終了している場合がほとんどなのです。とくに海外製水栓の場合は、部品の入手がさらに困難で、取り寄せできても非常に高価、納期まで時間がかかることが一般的です。
また、苦労して部品を入手し修理しても、経年している蛇口は本体自体が痛みやすくなっており、取替え時にほかの部分を傷つけてしまったり、再度組立をする際に、ぴったり組み上がらなかったりして、結局は別の部位から漏水してしまった…というケースもあります。

新品交換のメリットについて

前述のように、部品を取り替えて修理するより、蛇口本体を交換した方が、最終的には手間も時間も費用も節約できるケースが多くあります。
また、昨今の蛇口は節水効果が高いものも多く、それまでと同じように使っていても自ずと節水につながります。シャワーなどはむしろ、水の流量は減っても爽快感が増した!という声もあります。その他にも最新のエコ機能が搭載されている蛇口が多くラインアップされているので、長い目で考えると、新しい蛇口に交換することが経済的にも気分的にもオトクなのです。

蛇口の水漏れ修理の料金