蛇口修理の依頼は、ポイントを知って賢く

蛇口の修理依頼の仕方は、賃貸と持ち家では大きく異なります。
それぞれの概要と違い、また依頼の前に知っておいた方がよい点についてご紹介します。

賃貸住宅での蛇口修理依頼について

賃貸住宅の場合、蛇口はその建物に付帯する備え付けの設備です。
つまり、不具合や故障があった場合は管理会社へ依頼するのが原則です。居住者の故意・過失による故障などでない限り、修理費用は管理会社またはオーナーが負担することになります。

持ち家での蛇口修理依頼について

新築住宅の場合、基本的には、購入した住宅メーカーの営業担当者へ連絡をします。営業担当者からメーカー修理、あるいは水道修理業者へ連絡することになります。多くの場合、住宅メーカーは保証期間内においては手厚いアフターサービスを用意していますので、まずは住宅メーカーに相談されることが得策でしょう。
一方、購入・建築後、数十年が経過している住宅の場合は、住宅メーカーのアフターサービスは期待できません。メーカーに相談したり、修理業者に見積もりをとったり、事前によく比較検討されることをおすすめします。

その他、蛇口修理依頼のポイントについて

蛇口のトラブルは緊急対応を要することが多いので、スピーディにそして確実に修理できる方法をとることが、最終的には費用も抑えることにつながります。ただし、休日や夜間対応のケースでは、割増料金になることもありますので、止水栓を締めるなど応急処置が可能な場合は、平日に依頼する方がベターだと言えるでしょう。
またメーカーの保証期間内であっても、よくある「ゴミ詰まり」などはその対象外となります。事前によく確認することをおすすめします。

蛇口の水漏れ修理の料金