キッチンの水漏れは、業者依頼が早道

台所は食べ物を扱う場所なので、水漏れが起きたらすぐに対処したいものです。
とはいえ、キッチンのメーカーは多く、製品の種類も非常に多彩なため、ご自身で修理できそうな箇所でも部品の入手が困難な場合もあります。
台所の水漏れ個所として挙げられるのは、水栓、シンク、シンク下の排水パイプなどですが、浄水器などを設置している場合は、そちらに異常が発生している可能性も考えられます。また、温度差のあるものを扱う場所なので、結露が起因している場合もあります。まずは、症状と原因をよく見極めることが大切です。

水栓部分の水漏れについて

はじめに、どの部分から水漏れしているのかをよく調べましょう。蛇口から、パイプ(シャワー用のホース)の付け根から、水栓の付け根から、ハンドル下のカバーナットから。これら4か所のいずれかに当てはまることがほとんどです。
漏れている場所が特定できると、修理依頼の際にもスムーズに話ができるでしょう。

シンク部分の水漏れについて

シンク部分の水漏れは 大きく分けると以下の4か所から発生していることが多いようです。
シンクと排水パイプをつなぐ部分から、システムキッチンなどの天板とシンクのつなぎ目のシリコンコーキング部分から、排水パイプと流し台の床のつなぎ目部分から、給水・給湯パイプから。
シリコンコーキングが劣化している場合は、古いコーキングを取り除き、汚れをしっかりふき取ってからコーキングし直すことで解決する場合もあります。また、排水パイプと床のつなぎ目から水漏れしている場合は、大量に漏れているようならば つまりが原因のケースも考えられます。ひとまず、テープを巻くなどの応急処置をして、業者にチェック・修理してもらいましょう。

キッチンまわりの水漏れ・詰まり修理料金