台所まわりの水漏れは、予防可能な部分も

台所まわりは、水道の利用頻度が高いだけに、水漏れや詰まりなどのトラブルが発生しやすい場所でもあります。
水漏れに関しては、水道や蛇口などからが多く、原因としては水道本体の老朽化やレバーなどの緩み、排水管のズレ・ヒビ・接触不良などが考えられます。蛇口からの水漏れが気づきやすいのに対して、排水管からの水漏れは見えづらく気づきにくいと言えます。

台所の水漏れの場所と原因について

  1. ○ 蛇口のパイプ
    パイプは水が出る管の部分。ハンドルを締めても、水がチョロチョロと流れることがよくあります。原因としては、蛇口内部のパッキンなど消耗品の破損が考えられます。部品を交換するか、症状によっては水道本体の交換が必要となります。
  2. ○ 蛇口のハンドル
    ハンドルとは、水を出す際に回したりひねったりする部分です。
    ハンドル部分から水漏れしている場合もまた、ハンドル内部のパッキンの老朽化が考えられます。ドライバーなどの工具でパッキンを交換するなど、ご自身で修理することも可能です。
  3. ○ 壁との接地面
    壁と蛇口の間から水がしみ出したような状態になっている場合です。このケースも、パッキンの老朽化が原因の場合がほとんどで、蛇口を取り外して新しいパッキンと交換することで、水漏れ修理をすることができます。

台所の水漏れの対処法について

  1. ○ 賃貸住宅の場合
    賃貸住宅の場合、台所もそこにある水道も備え付けの設備ですので、管理会社、オーナーに連絡しましょう。
  2. ○ 持ち家の場合
    新築住宅の場合、購入した住宅メーカーの営業担当者へ連絡すると、そこから業者を手配してくれます。購入・建築後、数十年が経過している場合は、自分で修理をするか、水道業者・専門業者へ依頼します。

コーキング対策について

水漏れ予防策としてご紹介したいのが、コーキングです。
コーキングとは、シリコンやゴム・樹脂などの素材(シーリング材)によって、水漏れの穴・ヒビなどを塞ぎ、水漏れを食い止める方法です。シーリング材は、ホームセンターなどで入手できますので、ご自身で水漏れを予防したり応急処置したりするのに役立ちます。

キッチンまわりの水漏れ・詰まり修理料金