ワイヤーブラシを使ってキッチン・台所の詰まりを解消する

ワイヤーブラシにはいくつか種類がありますが、一般的に大きな差異があるのは、家庭用と業務用です。家庭用は安価で使い勝手がよいのですが、業務用と違って、ブラシ部分が柔らかく、そしてブラシの長さが短い弱点があります。キッチンが詰まったとき、どのようなタイミングでワイヤーブラシを使うのがよいのでしょうか。

キッチンで詰まりが発生したとき、ワイヤーブラシを使うタイミング

基本的に、ワイヤーブラシを使用するのは最終手段として考えてください。多少、流れ辛さを感じたときは、パイプクリーナーを使用し、解消することをおすすめ致します。というのも、ワイヤーブラシを中途半端に使用してしまうと、入り口の方のゴミをくだき、そのカスが水道管の中を塞いでしまう可能性があるからです。家庭用のワイヤーブラシは業務用に比べて短くなっており、必ずしも奥まで届くというわけではありません。ですので、ワイヤーブラシを使用する場合は、慎重に行う必要があります。

では、ワイヤーブラシはどのような時に有効なのでしょうか。それは、大きなゴミや食べカスが流れてしまい、キッチンが詰まってしまった場合です。大きなゴミが詰まってしまうということは、既に、パイプの内側にこびりついたゴミが固まっており、ゴミの通り道もないという状況なのです。こういった時には、パイプクリーナーを使っても効果はほとんどみられません。そこで、ゴミを流す為に、パイプの内側のゴミと詰まってしまったゴミをワイヤーブラシで取り除く必要があります。

家庭用と業務用のワイヤーブラシの違い

業務用のブラシは、家庭用に比べて強靭でワイヤー部分が長く、先端の形も様々なタイプがあります。家庭用では取り除く事のできないゴミも、業務用を使用する事で取り除くことができるようになります。キッチン・台所で詰まりが発生した場合は、まず水道屋に相談することをおすすめします。コスト面を考えると、まずは自分で…と考え、修理される方も多いのですが、結果、ますます悪化してしまい、最終的に費用がかさんでしまうというケースも多くみられます。24時間、無料でお見積を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

キッチンまわりの水漏れ・詰まり修理料金