失敗しないために。リフォーム前の確認ポイント

水まわりのリフォームにおける注意点や知っておいた方がよいポイントなどをまとめました。
リフォーム検討の際に、ぜひご確認ください。

浴室・キッチンリフォームについての注意点

システムバスやシステムキッチンにリフォームするときは、給水給湯配管などは屋外部分も含め、すべて新しく取り替えることをおすすめめします。古い配管は鉄製が多く、さらには錆など腐食の保護ができていない場合がほとんど。そのため、リフォーム後に壁の中から水漏れすることもあります。工事費を抑えるため取り替えを怠ると、結局は手間も費用も二重に掛かることになりかねないので、ご注意を。

システムバス・バスタブ用水栓リフォームについての注意点

システムバスはかなりの重量がありますので、それを支える土台は一般的にはコンクリートを分厚く敷設します。それを十分に乾燥させるためには当然、工期は長くなりますが、ブロックや束石などで簡易化した工法ではなく、コンクリートでしっかりと土台作りすることをおすすめします。
また、浴室で洗い場と浴槽用に別々の水栓が設置されている場合がありますが、節水の観点では、ひとつにまとめる方をおすすめします。

キッチンリフォームについての注意点

壁付け型のキッチンの吊戸棚やレンジフードに照明が付いていない場合は、取り付けることも可能です。しかし、最近人気の対面式やアイランド型キッチンには吊戸棚を付けないことも多く、この場合には、手元が照らせるダウンライトや小型のペンダント照明などを利用すると、スタイリッシュな印象のキッチンになるでしょう。
また、コミュニケーションが取りやすいと人気のあるオープンキッチンですが、調理の音や煙・臭いなどがダイニングやリビング全体まで広がりやすいので、十分な検討が必要です。

トイレリフォームについての注意点

近年のスタンダードになりつつあるタンクレストイレ。トイレ内はスッキリしますが、種類によっては水圧が低いと汚物を流せないという欠点もあるため、設置の際には十分な水圧があるかどうかを確認してください。