ライフスタイルを考えて、快適なキッチン作りを

毎日の料理をストレスなくスムーズに行うためには、シンプルかつ機能的なキッチンであることが大切です。快適なキッチンにリフォームするためのコツをご紹介します。

キッチンのレイアウトについて

機能的なキッチンづくりのためには、まずは「動線」に注目しましょう。
食材や調理器具を「収納(冷蔵庫など)」から取り出し、「作業場」で調理し、「ダイニング」に運ぶ、という一連の動き(動線)が短いほど、一般的に作業効率は上がります。
キッチンのレイアウトを考える際には、普段、ご自分が調理されている流れ(動線)を思い浮かべながら検討されるとよいでしょう。

キッチンの収納について

食材や調理器具があちこちに置かれているキッチンでは、作業効率が悪くなります。そこでカギを握るのが、出し入れしやすい「収納」です。
最近のシステムキッチンは、引き出し式のフロアキャビネットや使い勝手のよい収納パーツなどなど、狭いキッチンでも限られたスペースに効率よくモノを入れられるよう工夫が凝らされています。ぜひ、最新のカタログなどでご確認ください。

その他、最新のキッチン事情について

これまでキッチンの火力といえばガスが主流でしたが、近年では電気を使ったIHキッチンのラインアップも多く、キッチンの機能性は格段に高まっています。
IHキッチンは、火を使わないため安全性が高く、エネルギー効率が良いため省エネ性にも優れています。さらに、フラット構造なので、お手入れしやすい点も特長です。一方、安全で省エネ・高機能なガスキッチンも多く開発されています。それぞれのメリット・デメリットを十分に比較して、適した火力を選択してください。
また、キッチンのスタイルも多彩になっています。家族のコミュニケーションを重視するなら、ダイニング空間との仕切りがない「オープンキッチン」タイプや、キッチンセットを部屋の中に島型にレイアウトした「アイランドキッチン」タイプがおすすめです。
さらに、お子さんが独立したら、キッチンスペースを縮小して居住スペースにするなど、ご家族のライフサイクル・ライフスタイルに合わせて、キッチンを柔軟に変えることも考慮するとよいでしょう。

キッチンのレイアウトについて

機能的なキッチンづくりのためには、まずは「動線」に注目しましょう。