意外と厄介…。トイレ床の水ぬれ

気がつくとトイレの床がしっとりと濡れている…。
トイレの床の水漏れは、原因によってはトイレトラブルの中でもかなり厄介なタイプだと言えます。便器を外してトラブル個所を確認したり、状況によっては、便器自体を取り替えたりする必要が発生するからです。

床の水ぬれのチェックポイントについて

トイレの床がぬれる原因には、いくつかの理由が考えられます。原因箇所を細かくチェックして、原因をつきとめる必要があります。たとえば、タオルを一晩床に敷いておくことで、どのあたりが特にぬれているのか、つまりは原因箇所を見つけやすくなります。
その他、原因究明のチェックポイントは以下の3つです。

  • ○ 便器やトイレタンクの結露
    便器やトイレタンクが結露を起こして、水滴が床に落ちてぬれるケースです。結露は湿気や気温の変化で起こるので、トイレのドアをしっかり締めて温度変化を起こさないようにする、換気扇を回し続けて湿度を下げる、などの対策で改善することが多いようです。
  • ○ トイレタンクや給水・排水パイプのジョイント部分からの水漏れ
    タンク内やジョイント部分で水漏れが起きて、その水滴が便器などをつたって床に落ちるケースです。この場合はトラブル箇所のパッキン交換や、給水・排水をスムーズにすることで解決できます。
  • ○ ウォシュレットからの水漏れ
    ウォシュレット本体のパーツやジョイント部分から水漏れを起こして床に落ちるケースです。この場合も、パーツの交換やボルトやネジの締め直しなどで水漏れが止まることがあります。

床の水ぬれの対処法について

上記のように、ぬれていた原因が案外と簡単に分かったり、ご自分で対処できるケースもある一方で、原因が根深く、大掛かりな修理が必要な場合もあるのがトイレの床ぬれです。
無理をせず、まずは業者へご相談されることが改善のいちばんの近道です。ぜひ、私たち「住まいる水道サポート」へご連絡ください。24時間対応可能です!

トイレの水漏れ・詰まり修理の料金