侮れない! トイレタンクの水漏れ

トイレのトラブルでいちばん多いのが、タンクの水漏れです。
レバーが元に戻らず水が流れっ放しになる。水を流した後も、タンクから水が出ている音がする。便器内に少しずつ水が流れていて止まらない。タンクから水がしたたり落ちている。などなど。
多くの場合は致命傷になるほどのトラブルではありません。しかし、放っておいても水は漏れる一方で、いつの間にか水道料金がはね上がった!という事態にもなりかねないので、ご注意を。

水漏れの部位について

トイレタンクの水漏れが起きる原因は、大きく分けて2つあります。
ひとつは、タンクとパイプとのジョイント部分、あるいは水道栓とタンクとのジョイント部分から水漏れしているケース。この場合はトイレの床が濡れるので、比較的すぐにトラブルに気付きます。
もうひとつは、タンク内のパーツがきちんと作動せず、確実には水が止まっていないケースです。この場合は、少量とはいえ水がいつまでも便器に漏れ続けるため、タンクに十分な水が貯まらず、フラッシュ力(水が流れる力)が弱まってしまい、トイレの使用にも支障を来たしてしまいます。

水漏れの対処法について

真っ先にやっていただきたいのは、水道の元栓を締めること。少なくともこれで水漏れを、一時的に止めることができます。
タンクとパイプの連結部分で水漏れしている場合は、連結部のナットが緩んでいないか、パッキンが劣化していないかをチェックしてください。ナットを締めたり、パッキンを新しく取り替えたりすることで解決できる場合があります。
トイレタンク内の水漏れの場合は、タンクのフタを開けて、中のパーツを見てみましょう。風船のような「浮き玉」や、細長い「オーバーフロー管」、便器に水を流す際に開閉する「浮きゴム」などがあります。まずはそれぞれのパーツがきちんと機能しているかどうかを確認してみてください。浮きゴムを新しく取り替えたり、浮き玉を正常な位置に戻したりすることで、水漏れが止まる場合もあります。

そうした簡単な対応では水漏れが解消しない場合は、やはり、業者への依頼をおすすめします。
私たち「住まいる水道サポート」は水回りのプロ。迅速・確実に対応いたします!

トイレの水漏れ・詰まり修理の料金