トイレタンクの不具合や故障について

便器が詰まった! 便器と床の間から水が漏れている! といった状況に比べると被害の少ないように感じるタンクの水漏れ。けれど、放置しておいても直ることは決してありません。まずはタンク内の様子をよく観察し、大事に至る前に修理をするようにしてください。

トイレの水が止まらない…

トイレの水(タンク内に流れる水)が止まらなくなる、という現象もトイレのトラブルではよく見られます。具体的には、以下のような状況があります。
・手洗い金具からの水が止まらない
・洗浄後、便器内に水が流れ続ける
そんなときは、タンクのふたを開けて中の様子を確認してみてください。中に、洗浄剤などの異物が入っていたり、節水しようとしてペットボトルなどを入れていたりする場合は、すぐに取り除いてください。

次に、タンク内の水が水位線よりも上にあるか下にあるかを確認してください。
・水位線よりも水が上の場合
 →浮き球を持ち上げると止まった→タンク内に水が多すぎる可能性があります
 →浮き球を持ち上げても止まらない→タンク内に水を入れるバルブが摩耗して緩んでいる可能性があります
・水位線よりも水が下の場合
 →水洗レバーを回すと元の位置に戻る→栓が外れている可能性があります
 →水洗レバーを回すと元の位置に戻らない→レバーハンドルの動きが悪くなっている可能性があります
いずれの場合も、様々な道具やパーツを使うことでご自身で修理できる場合はありますが、安全で確実な修理をご希望の場合は、住まいる水道サポートへご連絡ください!

放置していると高額の水道代が!

トイレの水が流れない場合にはすぐに修理を依頼する方でも、水が止まらない場合は修理を後回しにしてしまうことが多いようです。しかし、そうしてわずかでも水が流れ続けていることにより、水道料金は思いのほか跳ね上がっていまいます。
たとえば、便器前部から箸の先ほどの水が流れ続けている状態を1ヶ月見過ごすと、7千円以上の水道代がかかってしまいます。便器やタンクの種類によっては、7万円近くも水道代が請求されることもあります!(あまりにも高額な水道料金は、漏水修繕後、一部免除される場合があります。ただし、漏水修繕証明が必要となります)。
前述のように、トイレの水漏れの原因は様々で、判別しにくい場合が多いのです。定期的に点検し、早期の発見・修理を心がけたいものです。

トイレの水漏れ・詰まり修理の料金