トイレの詰まりの修理方法・初級編

トイレが詰まったときの簡単な修理方法をご紹介

トイレの詰まりの原因の多くは、トイレットペーパー以外の紙です。ティッシュペーパーなどは、トイレットペーパーと違って水に溶けにくいため、トイレに流すと詰まりの原因になるのです。こうした紙類が原因で詰まりが生じた場合は、すぐに修理をするよりも、少し時間をおいて、紙をふやかして流れやすくした方が、修理がラクに済む場合が多いようです。
ここでは、トイレ用の吸引カップなどを使った「修理方法・初級編」をご紹介します。
まず修理の前に、ビニール袋の真ん中に穴を開け、その穴に吸引カップ(ラバーカップ)を通すことをオススメします。こうすると、水やつまりの原因の飛び散りを防げます。
準備ができたら、便器の水たまり内の流水口に吸引カップを押当てて引きます。このとき、詰まりを手前に移動させるようなイメージで、グッと力を入れるとよいでしょう。何度か繰り返すと、たいていの詰まりが解消します。詰まりが取れたと感じたら、水をバケツなどで少しずつ流してみてください。詰まりが残っていたら水が溢れ出す恐れもありますので、トイレレバーで流すのは厳禁です。上記と同じ理由で、修理をしている最中も、トイレレバーを使って水は流さないようにしてください。
また、詰まりの別の原因としては、水圧が十分に足りておらず、トイレットペーパーなどが少しずつ排水管内に溜まっている場合もあります。たとえば、節水のためにペットボトルなどをタンク内に沈めていませんか? この場合、流す際の水量が十分に確保できなくなり、詰まりを引き起こしかねません。節水方法を見直してみてください。

上記の方法で詰まりが解消できない場合、あるいは、異物をトイレ内に落としたなど原因がはっきりしている場合の修理方法はこちらでご紹介しています。

トイレの水漏れ・詰まり修理の料金