トイレの詰まりの修理方法「上級編」

トイレの詰まりは、多くの場合がご自身でも解決できます。とはいえ、いろいろ試してもダメだった場合は…思い切って、便器を外して詰まりの原因を取り除きましょう!
ここでは、その方法と注意点をご紹介します。

トイレの詰まり。上級者向け修理方法をご紹介

トイレの詰まり解消の初級編、中級編を試しても解決しなかった場合。かなり手間はかかり、また汚れも必至ですが、ほとんどの詰まりが解消できる“プロ顔負けの”上級者向けの方法をご紹介します。
まずはじめに、トイレ給水管の止水栓を締めます。ロータンクの給水管・排水管をウォーターポンププライヤーで外します。次に、便器内の水を石油ポンプなどを使ってすべて抜き取ります。便器内が空になったら、便器を床に固定しているナットを左右とも全部外します。次にいよいよ、便器を外しましょう。最初にロータンク、次に便器の順に外してください。便器は非常に重たく、また落とすと割れてしまうので、2人で持ち上げるのがよいでしょう。便器を外したら裏返し、底部分に異物が詰まっていないか確認してください。詰まりがある場合、ホースなどで水を送るとたいていの物は流れます。
排水管が詰まっている場合は、パイプクリーナーなどを使います。ハンドルを回しながらワイヤーを送っていくのがコツです。
なお、便器を取り外した際に便器と排水管の間のパッキンが破損する可能性がありますが、これは手に入れるのが難しいパーツです。粘土状のパッキンなので、再度くっつけて利用しましょう。
最後に。この作業は、汚れてもよい服装で作業することを強くおすすめします。

トイレの水漏れ・詰まり修理の料金