お風呂場の排水溝の詰りの解消方法

水回りの中でも、お風呂場の排水溝は詰りやすい代表的な場所だということができます。
毎日利用する場所なので、定期的に掃除や、メンテナンスをする必要があるのですが、汚れがひどいと掃除するのが気が引けるという人は少なくありません。
もしも、突然お風呂場が詰まってしまったときに対処する方法を知らないと困ってしまいます。
中には、パイプクリーナーを流してみても、詰りの状況が深刻なときには解消させることができません。
簡単な対処方法では改善させることが困難なことも多く、業者を呼ばなくては直すことができなくなることも少なくありません
実は普段からお風呂場を掃除をしていないことが原因となっていることが多いです。

掃除道具

古い築年数の家屋などでは汚れが排水パイプにこびりついていて水が通過する場所が狭まっているので、詰りが発生しやすくなります。
ところが、手順に従って掃除をすると自分でお風呂場の詰りを解消させることは案外簡単にできます。
お風呂場の構造を把握して、詰りを除去する道具を用意すると初心者でも解決するのは簡単です。
詰りの状態は軽い状態から業者に頼まないと解決しないような深刻な状態まで色々あります。
ところが、詰りの程度は見ただけだと判断しにくいというのが現状になります。
そんな場合は一つ一つ色々な方法を行っていくことが必要になってきます。

まずは、一般家庭にある道具で行うことができる簡単な方法から行ってみるのが良い方法の一つです。
お風呂場の排水トラップは、主な詰りの原因となっている場所になります。
汚れや、ゴミ、髪の毛などがこの部分に溜まっていることが多く、詰りを解消させるためにはこの部分を掃除することが必要になります。
実はこの部分を掃除しただけでも詰まっている状態が解消されるということは少なくありません。
お風呂場の排水溝は、真四角の形状のものや、長方形の形状のものなどが存在しますが、掃除の方法は同じになります。
まず、カバーを取り外しますが、ほとんどの方は普段からカバーを外して掃除していないことが多いです。

お風呂の排水溝

カバーを持ち上げて取り外してみるとヘアキャッチャーが取り付けられています。
ヘアキャッチャーは固形物や、髪の毛が流れ込んでいかないようにプラスチックが網目状になっている部品のことを指します。
お風呂場によってはヘアキャッチャーが取り付けられていない場合もあります。
ヘアキャッチャーは簡単に外すことが可能なので、詰まっている度合いが軽い場合だと、髪の毛がヘアキャッチャーにたくさん引っかかっていて詰まっていていたということもあるため、ヘアキャッチャーに引っかかっている汚れを一度綺麗に落としてみる必要があります。
ヘアキャッチャーの汚れを落としても、まだ詰まっている場合はヘアキャッチャーを取り外し排水トラップを確認します。
この部分は分解することが可能となっていて、簡単に外したり、取り付けたりすることができます。

ヘアキャッチャー

排水トラップを外してみると汚れがたくさん付着している状態になっていることがほとんどです。
排水トラップの方にはヌルヌルした汚れ付着しているのですが、これは、お風呂場用の洗剤や、せっけんなどがお湯と混合して付着したものです。
水が逆流するような詰りを引き起こしている場合は、この部分が非常に汚れています。
部品を全部分解したら、部品の部分にゴミや、汚れが付着していることがほとんどです。
この段階で詰まっているのが部品の部分なのか、その先のパイプにあるのかが判断可能となります。
もし、部品の汚れが詰まっている原因の場合は、汚れの大きな塊が出てきます。
その塊がパイプの入口で溜まってしまい、詰まっている原因となってしまうのです。


専門業者にお風呂の排水溝つまり修理を頼むなら住まいる水道へ