浴室の水漏れを修理するためには?

浴室の水漏れを修理するためにはどうしたら良いかわかりますか?浴室はリンスやシャンプー、抜けた髪の毛などが原因になって詰りが起こったり、様々な理由で、蛇口からの水漏れ、換気扇からの水漏れ、給湯器からの水漏れが起こります。
浴室から水が漏れていることには気がつきにくいですが、夜眠るときにポタポタと水が落ちる音が気になったり、排水が漏れていた場合には匂いが漏れ出してきたりすることで気がつく方も多いです。

お風呂

浴室で水が漏れる主な原因は、老朽化と破損によるものです。それぞれの原因にあった修理をすることが大切です。
まず、蛇口の水漏れで、蛇口の水漏れが止まらないという症状が出たら、その原因は水栓全体のカートリッジの切り替え弁の老朽化である可能性が高いです。
カートリッジの交換が必要になった場合には、素人の方に直すことは不可能ですので専門の業者に修理を依頼しなければなりません
カートリッジの形式がメーカーによっても異なりますし、種類もたくさんあります。
修理業者の方も常時カートリッジの在庫を抱えている訳ではないので、修理に1週間ほどかかる場合もあります。
ナットやボルトなどの継ぎ目の緩み程度なら自力で直すことも可能ですが、各パーツが劣化してたり、故障している場合には専門の業者による修理が必要となります。
また、シャワーホースからの水が止まらない場合には、シャワーヘッドの接続部分や、シャワーホースの劣化による水漏れがほとんどの原因です。

シャワーヘッド

パッキンの交換、もしくはシャワーヘッドの交換によって水漏れを改善することができます。
シャワーヘッドから水が漏れている場合には、シャワーヘッドを交換するだけで水の漏れを止めることができるので、業者にお願いする前にまずは試してみると良いでしょう。
さらに、蛇口の付け根から水が漏れているような症状が現れている場合には、蛇口の本体の取り付け部分が緩んでいる可能性が高いです。
緩んだ部分をしっかりと締めれば比較的簡単に直すことができます。浴室の水漏れにお悩みの場合には、早めに修理業者に相談するようにしましょう。

ここまでは蛇口に関する水漏れの修理の方法を説明してきました。次は、浴室の換気扇から水漏れが起きている場合にどうしたら良いかを説明します。
まず壁からの水漏れの場合は、外壁にクラックが入っていたり、壁のタイルが剥がれている場合があります。
そこから雨水が侵入して天井裏に水が溜まって浴室の天井や換気扇から水が漏れている可能性があります。
マンションやアパートなどの場合には、換気された空気を浴室から出すためにダクトが通っています。そのダクトはフレキダクトと呼ばれます。
フレキダクトに不具合があるとその部分から水が流れて水が漏れてくる可能性があります。その原因は、浴室内部の湿気が逆流して水が漏れている場合があります。
浴室内の洗い場から水が漏れている場合には、一軒家の場合にはそこから他の部屋に水が漏れてがつたっていってしまうことがあります。
浴室洗い場のタイルとタイルの間に隙間があったり、シリコン系のシーリング剤でコーティングされているはずの隙間から水が漏れている可能性もあります。
特に、シリコン系のシーリング剤は、10年程度で劣化してヒビが入ったり、分離したりします。地震などの影響を受けてクラックが入ってしまう場合もあります。
一軒家の場合には、被害は自分の家だけで済みますが、マンションやアパートなどの場合には水が漏れてしまうと他の部屋の住人に影響を与えてしまいますし、
ひどい場合には浸水させてしまう場合もありますので早めの修理が大切です。
浴室から水が漏れており、その原因がよくわからなかった場合には迅速に専門の業者に依頼しましょう。その方が被害も少なくて済みますし、最終的に費用も少なくて済みます。

浴室換気扇


専門業者に浴室の水漏れ修理を頼むなら住まいる水道へ