台所排水の水漏れ、自分で出来る修理の限界点

朝起きたら床が水浸し、シンクの戸棚を開けてみると水溜り状態で呆然とした、こんな経験をする方はさほど多くは無いかも知れません。 しかし万一台所の排水トラブルや水漏れに遭遇するとどうしたら良いのか、途方にくれることのないように個人で出来る対策も含めて本稿では考えて見ます。
まず台所、キッチンのシンク下からの水漏れの原因は何なのでしょうか。キッチンの床が水で溢れていたら流し台の下、シンク下側を確認しましょう。
この時どこから漏れているのか場所の特定が必須です。少量の水を流して漏水箇所を把握するように努めましょう。

ショック

まず排水溝のパッキンが劣化している場合シンク下の接続部分からポタポタ水滴が落ちている場合パッキンを交換すれば解決します。
パッキンはサイズが合わないと意味が無いのでホームセンターなどに買出しに行く際には現物を持参してサイズぴったりのタイプを選ぶようにします。
排水溝と配水管の接合部に緩みが出ている場合、シンク下の接合部に緩みが無いか確認してください。緩んでいるようであれば再度締めなおせば解消します。
排水溝と配水管のゴムパッキンの劣化の場合、緩みなども見つからないようであれば接合部のゴムパッキンを交換して水漏れが解消される可能性があります。
排水ホースなど自体が破損し水漏れが観察される場合、穴が開いている場合にはホース自体を新品に交換すれば解消されます。
給水管、給油管からの水漏れの場合、止水栓が目の前にあれば閉じます。分からなければ応急措置として水道の元栓自体を閉じます。
シンクと流し台の間に隙間がある場合、建て付け時に使用するシーリング材などが経年劣化して接合部にズレが生じ隙間が発生し水が漏れていることになります。
経年劣化が原因なので補修が必要になります。
床に設置した配水管の付け根から排水が逆流しているときは、配水管に洗剤かすや水垢が固形化してつまりを起こしている可能性があります。
流しから重曹やクエン酸、各種のクリーナーで汚れを流せればベターですが、それでも解消しなければ配水管を取り外して洗浄することが必要になります

重曹

以上のようなシンク下に異常異変が見られないときには、蛇口や水栓部に水漏れが発生しており、その漏れが隙間から下に流れていることがあります。
蛇口のパッキン交換等が必要になります。水漏れが下に回ると言うことはコーキングが剥落している不具合も併発している場合があるので、
複数の原因を同時修理することが必要になります。
台所の水トラブルはシンク下に原因がある場合が多いですが、原因別に分ければパッキンなどの消耗品の劣化と接合部の緩み、コーキングの劣化などに分類できます。
これらの修理を個人でどこまで出来るものでしょうか。
接合部の緩み程度なら工具で締めなおすだけですが、それ以外となると敷居が高いようです。
部品交換や配水管や蛇口の交換は一度分解して再度組み立てる工程が必須になるので、相応のスキルが必要になります。
それでは台所の水トラブルはどのような基準で修理業者に依頼すべきなのでしょうか。

専門業者さん

自信を持って分解交換が出来ないときや同一の交換部品やパーツが入手できないときには、迷わず台所トラブルの専門業者に依頼すべきでしょう。
少々の漏れだからといって放置しておくと、様々な2次的被害に繋がります。 水道代の高騰はもちろん、最悪の場合一体型のシステムキッチンなどでは取り替え工事が必要になる事態もありえます。
それでは台所の水漏れの修理業者はどの基準で選ぶべきでしょうか。複数の見積りを取って適正な価格である業者を選びましょう。
現地見積りを取って追加請求されないようにしましょう。明朗な費用基準と事前見積りが後日のトラブル防止のために重要です。
台所の水トラブルは緊急対応が必要な場合もありえるので、早朝深夜対応してくれるとさらに安心です。


専門業者に台所排水の水漏れ修理を頼むなら住まいる水道へ