トイレがつまった時の解決方法

トイレで用を足した後、水が出ずに流れていかないというトラブルは困ったものですが、
水が出ても排水側にトラブルがあれば流れていかないことにもなります。
つまった状態のまま水を流すことは、場合によっては便器内から汚水を溢れさせてしまうことにもなります。
一度程度なら流しても便器内で納めることができるケースもありますが、
完全に詰まった状態であれば二回流すボタンを押すことは危険行為でもあります。
汚水が床に落ちれば、自分の足元が汚れるとともに掃除も大変になってしまいます。
さらに、水が床の下にも入り込めば、電気などの床下の設備に水が触れてしまうことになり、
さらには下の階の天井にまで染み出ることもあります。

天井水漏れ

トイレがつまったという場合には、焦って押し流そうとしてとりあえず流すボタンを押すということはせず、
冷静に判断することが必要になります。
まずは、トイレがつまった原因を思い返してみることから始めます。
パンツの後ろポケットに入れていた携帯電話やスマートフォンを、
ズボンを脱いだ時に便器内に落としてしまっている可能性もあります。
また、携帯電話やスマートフォンでは落とした時に便器の陶器にぶつかって音がしますが、
ハンカチやポケットティッシュになれば音がしないことから気が付いていないケースもあります。
もしも水溶性ではない異物を落としてしまったとなれば、ポケットティッシュなどいらないものであっても
押し流さずに上から取り除く必要があります。
もしもうまく押し流せたとしても、排水管は建物の中を曲がりくねって配置されているため、
また他のどこかのカーブで引っかかる可能性もあります。
奥に入ってしまうごとに修理が困難になるので、流さずに手を入れて確認をしてみます。
ゴム手袋や大きなビニール袋を使用して便器の奥に手を入れてみると、まだそこに引っかかっていることもあります。
しかし、落としたものが見当たらなかったら、すでに奥に入ってしまっているので、
専門の業者に依頼するという方法が結果的には賢い方法ともなります。

業者に電話

何も異物を落としていないのにトイレがつまったというケースでは、トイレットペーパーが原因となっていることもあります。
一度にたくさんのトイレットペーパーを便器内に入れて流すと、タンクの水の量が足りずにつまることもあります。
これは、排水管にトイレットペーパーで蓋をしたような状態になってつまったものであり、
トイレットペーパーは水溶性でもあるので不安に感じることはありません。
対処方法としては、時間とともに水と接している部分から溶け出していくので、放置しているだけでも構いません。
しかし、一日に家族が何度も使用することになるトイレは、いつでも誰かが入れるような状態にしておきたいものです。
こんな場合には、ラバーカップで押し出すという方法が向いています。
スッポンとも呼ばれているアイテムであり、ホームセンターで手頃な価格で販売されています。
便器内の排水口にラバー部分をセットし、押して引くだけですっと水が流れていきます。 一家に一個あれば安心のアイテムなのですが、まだ我が家にはなかったという場合にはお湯を使用してみるという方法もあります。
トイレットペーパーが溶けやすくなるために、お湯を足してあげるという方法はとても役立ちます。
ただし、便器内から水があふれ出ないように注意しながら入れていきます。

ラバーカップ

ラバーカップや熱湯での解決方法は、トイレットペーパーが原因で詰まったという場合に活用できるものです。
自分が気が付かないうちに物を落としていたり、自分の前に入った人が物を落としており、
その時は水が流れたとしても自分の時に詰まったというケースもあります。
大量なトイレットペーパーを流したわけでもなく原因が分からないという場合には、
症状が重度になる前に水道修理業者に相談してみるというのも安心の選択です。



専門業者にトイレつまりの修理を頼むなら住まいる水道へ