トイレの詰りを修理する方法と原因の解決

トイレは日常的に使用する設備であるため、もっともメンテナンスが必要な設備の一つでもあります。
特にトイレの詰りは人間の健康状態にも間接的に関係してくるので、故障した際には円滑な修理が必要になってきます。
まずトイレの詰りの原因の第1位として挙げられるのがティッシュペーパーを流してしまったという事案です。
トイレットペーパーと形状が似ているので流しても大丈夫である印象の強いティッシュペーパーですが、材質の観点から言えばティッシュペーパーはある程度耐久力を考慮した造りになっており、水に流れにくいという特性を持ち合わせているのです。
そのため小さく丸めたティッシュペーパーを流そうとするだけで詰りを誘発させてしまう可能性が高いので、快適に使用するためにも水に流すのはトイレットペーパーのみにするべきです。

トイレいたずら

しかし誤って流してしまう事も多いので、そういった場合は修理する必要があります。
一番簡単な解決方法として挙げられるのがラバーカップの使用による詰りの原因の除去ですが、詰まっている物が便器に付着して時間が経過しているとラバーカップを使用しても解決できない場合があるので、より高度な修理技術が必要な場合があります。

ラバーカップ

ティッシュペーパー等が便器の水路部分に付着している場合は、高圧洗浄機で解消する可能性が高いです。
可能であれば車用の高圧洗浄機をトイレに持ってきて使用する方法が一番お勧めです。
高圧洗浄機は性能にもよりますが、安い物だと3万円前後の物が販売されているのでこれらを利用して詰りの原因を解決するという方法がもっとも有効です。
しかし高圧洗浄機は使用する機会も限られており、トレイ修理のためだけに購入するのでした専門の業者への依頼も考慮したほうが経済的なので自分の生活環境に合わせた修理方法を選択するようにしましょう。
また高圧洗浄機を購入するにしても、トイレの仕様上修理の必要性が緊急を要する場合もあるのでそういった場合は専門業者に依頼する事を強くお勧めします。
そして便器がもう古いのであれば修理ついでに新しい便器を購入するというのも一つの方法です。
ウォッシュレットシステムが導入されて久しいですが、まだまだ家庭で利用している所は少なく自動でメンテナンスを行ってくれるという事を知らない人も多いので、導入を検討してみるのもお勧めです。
特に高齢の方や不規則な生活をしている方は下半身に存在している器官の機能障害を有している事もあるので、より清潔的に運用できるウォッシュレットシステムが搭載されている便器の利用も健康面から考えれば非常にお勧めできる設備なのです。

ウォシュレットトイレ

便器や高圧洗浄機を購入するほど予算がないという方はワイヤーブラシによる修理をお勧めします。
ワイヤーブラシとはブラシ部分に硬度の高い繊維を使用する事で、対象の物に付着した粘着質の物を除去できるブラシの事で人力ではありますがその清掃能力は非常に高いのです。
また費用についても安い物であれば100円前後の物から、本格的なブラシであれば1000円以上の物があるので汚れ具合から購入する物を選ぶとより効果的なメンテナンスが行えるのでお勧めです。
トイレ修理は生理的な意味でも早急に解決するべき事案ではありますが、予算含め修理や掃除できる道具も限られているので予め効果的な道具を購入しておく事を強くお勧めします。
特にワイヤーブラシのような人力で掃除を行う道具に関しては、日常的なメンテナンスで使用する事もできるので常備しておくと非常に便利なのでお勧めです。
しかし汚れや便器の劣化が激しい場合は無理に直そうとせず、専門業者に依頼して正しい対処方法で問題を解決する事を強くお勧めします。



専門業者にトイレのつまり修理を頼むなら住まいる水道へ