洗面台の水漏れトラブル対処法

洗面台の蛇口からの水漏れは、経年とともによくあるトラブルです。内部の部品の劣化が原因の場合、それを交換すれば解決です。代表的な方法をご紹介しましょう。
それでも直らない場合には、迷わず、住まいる水道サポートにお問い合わせください!

洗面所の水漏れ!自分でできる修理方法

蛇口のハンドル部分からジワジワと水漏れしている場合、原因の多くは、内部部品の経年劣化によるものです。ここでは、この内部部品をご自身で交換する方法をご紹介します。ただし、蛇口のタイプによって、作業工程や内容が異なってきますので、水漏れを起こしている蛇口のタイプを必ず確認してから作業をはじめてください。

  1. ○ 単水栓の場合
    単水栓とは、1つの蛇口からお湯も水も出るようになっているタイプの蛇口です。
    まず、蛇口ハンドル上部のビスを取り外します。この作業を行う前には、必ず元栓や止水栓が閉まっていることを確認してください。次に、モンキーレンチを使ってナットを外します。ナットが外れたら、その内側にある三角パッキンを外して新しいパッキンに交換しましょう。
    あとは、これらの手順を逆に行ない、ビスを元に戻せば完了です。ナットを締める際には、強く締めすぎないように気をつけましょう。締めすぎると、蛇口をひねりづらくなります。
  2. ○ 混合栓の場合
    ハンドル混合栓とは、湯と水を選択するハンドルが分かれている蛇口のことです。
    最初に、蛇口の上部にあるキャップを外します。作業を行なう前に、元栓と止水栓が閉まっていることを必ず確認してください。
    まずは蛇口上部のハンドルを外します。ドライバーを使って、ハンドルを結合させているネジを外し、ハンドルを上に引き上げて外します。次に、プライヤーを使ってハンドル下にあるキャップナットを外しましょう。ハンドル下にある三角パッキンを外して、新しいパッキンと交換をしてください。
    これで作業は完了ですので、外したパーツを元に戻します。

蛇口の水漏れは、放っておいても直ることはなく悪化するばかりです。上記の方法で直せない、同型のパーツが手に入らない、という場合には住まいる水道サポートにご相談ください!

水道の配管トラブルの料金表