ユニットバスの詰まり。対処・改善方法

ユニットバスの排水管に髪の毛や石けんカスなどが付着すると、やがて排水がスムーズにいかなくなります。これは、蓄積した汚れが排水管を狭めてしまうことが原因です。なるべく詰まりを生じさせないために役立つ、ユニットバスの仕組みや予防アイデアをご紹介します。

ユニットバスの排水の仕組みについて

ユニットバスの浴槽の栓を抜くと、浴槽に溜まったお湯が排水口から流れていきます。浴槽のお湯は排水トラップを通って、排水管へと流れていきます。しかし、排水管内に汚れが蓄積されていて排水の流れ道が狭くなっていると、排水がスムーズに流れていきません。すると、流れきることができなかった排水は、トラップを逆流して洗い場の排水口からあふれ出てくるのです。さらに、トラップ内に汚れが付着・蓄積していると、トラップを通った排水にはその汚れが混ざるので、洗い場には汚れた排水が逆流してくることになるのです。これが、ユニットバスの逆流の原因と仕組みです。
完全に詰まっていなければ少しずつは流れていくので、やがては逆流した排水も流れてはいきますが、衛生的・精神的には問題アリと言えるでしょう。

詰まらせないためのヒントと詰まったときの対処

詰まらせない・汚れを着けないためには、1週間に1回程度、排水口の掃除をすることがベストです。また、ゴミをキャッチするためのネットを排水口に被せておくだけでも効果があります。それでも詰まった場合は、まずは排水口のパーツを全て分解して、小さなブラシやスポンジを使って掃除しましょう。初期段階なら、これでおおよその汚れは取り除くことができます。さらには、市販のパイプクリーナーを使用することも一般的でしょう。排水口に苛性ソーダ系のパイプクリーナーを投入し、お湯を少し注いで数十分放置すると化学反応が促進されるので、いっそうの効果が期待できます。
いずれの予防・対処も、改善が見られたからとすぐに止めてしまわず、定期的・継続的に続けることをオススメします。
それでも解消できないユニットバスの詰まり・逆流は、住まいる水道サポートにご連絡ください! スピーディ&確実に、詰まりの解消をお約束します。

水道の配管トラブルの料金表