シャワーの水漏れや不具合について

お風呂のシャワーヘッドからポタポタと水が滴り落ち、いつまでも止まらない…。表示温度より熱すぎたり冷たすぎたりする。そうした経験は多くの方にあるのではないでしょうか。これらは故障が原因のこともありますが、それ以外の原因も考えられます。

シャワーヘッドからの水漏れ

シャワーの水が止まらない場合、たいていは故障ではなく、シャワーヘッドの中に溜まっている水が重力で落ちているだけです。これらを、業界では残留水、残水などと呼びます。しばらくして止まれば残水で、故障ではありません。逆にずっと止まらなければ、故障と考えてよいでしょう。あるいは、シャワーヘッドの散水板(水が出るところ)を上に向けると、水がジワジワと出てくるようであれば、故障の可能性があります。
故障ではないとしても、ポタポタと水が落ちるのが気になるという方は、使用後にシャワーヘッドを振って中の水を出してからシャワーハンガーにかけることをオススメします。
水が漏れていると早計に判断して修理依頼する前に、上記のことを確認してみてください。

シャワーの温度変化の原因

シャワーの水が熱くなったり冷たくなったりする場合も、故障ではないことがほとんどです。
浴室の蛇口は水道管からくる水と、水道管から給湯器を通ってくるお湯の2つを混合して出しています。サーモスタット混合栓では、ハンドルに温度を示す目盛りがありますが、たとえば「40」の場合、水と湯を混合してちょうど40℃になる位置のこと。つまり、温度は自動調節されているわけではなく、手動調整となっているのです。ハンドルをCOOL側に回すと、中のバルブがお湯の量を少なくして冷たくなるのであって、蛇口が原因で極端に熱くなったり冷たくなったりすることはほぼありません。
ガス給湯器の場合、一定以上の水が流れると燃焼し、水を止めると燃焼も止まります。出始めが熱かったり冷たかったりするのはこのためです。
また、水道管には水圧がかかっており、その水圧により水が出ます。蛇口を開くと水圧が下がり、トイレやキッチンなど他の箇所でも水を使うとさらに水圧が下がります。すると、蛇口の混合具合が変化して、温度も変化するのです。
毎回、同じタイミングで温度が変化するなら給湯器の性能的な要因、タイミングがバラバラなら水圧の変化が要因、と言えます。
このように、多くの場合は蛇口の故障が原因ではないのですが、どうしても温度変化が気になる方は、給湯器のメーカーに問い合わせてみてください。

水道の配管トラブルの料金表