被害が階下にまで及ぶ集合住宅での水漏れ

不注意などで水漏れが生じると、自室はもちろん、下の居住者にまで多大な被害を及ぼすことになりかねません。注意すべき点と、万が一、水漏れを発生させてしまった場合の対処についてご紹介します。

集合住宅での水漏れについて

マンションなどでの水漏れの原因は、玄関やトイレの床を水浸しにした場合、洗濯機の排水ホースが外れていた場合、バルコニーや廊下を水浸しにした場合などが一般的に多いようです。
マンションなど集合住宅では、床に防水加工が施されているのは浴室のみです。玄関踏込、廊下、洗面化粧台、トイレ、居室、バルコニーなどの床は防水性がないため、水などをこぼした場合は、階下の住宅に水が漏れて天井や壁のクロス、畳、カーペット、家具などに被害を及ぼすことがあります。
ほとんどのマンションは、管理組合で個人賠償責任保険をかけているため、階下への水漏れ被害は賠償されます。その点では過度の心配は不要ですが、加害住戸の被害はこの保険では対応できません。水漏れが発生した場合は、速やかに管理会社などへの連絡をするようにしましょう。

水漏れの対策について

集合住宅における水漏れ対策としては、玄関、トイレ、洗面台の床などに水などがこぼれた際は、すぐにしっかりと拭き取るようにしてください。また特にトイレでは、紙おむつ、新聞紙、ティッシュペーパー、衛生用品などを無理に流すことは詰まり原因となります。決してこれらを流すことのないようにしましょう。
洗濯機の給排水については、給水ホースと水栓の接続部分をしっかり固定するように、洗濯機排水ホースが防水パンの外に飛び出さないよう固定してください。また、排水溝にゴミが溜まると、排水の妨げになりますので、定期的な掃除も必要です。
バルコニーなどの掃除の際は、植木鉢への散水には充分注意が必要でしょう。また、雨水排水の目皿も洗濯機の排水溝と同様、月に1回くらい掃除するようにしましょう。

水漏れ対策料金表