老朽化した集合住宅では、水漏れトラブルは付きもの…

一般的に築30年を経過したあたりから、経年劣化による劣化や破損が多数発生し、トラブルに見舞われることが多くなります。とりわけ、水漏れについては目に見える部分・見えない部分含め、大幅な修繕によってでしか対応できないケースも出てきます。ここでは、いくつかの例をご紹介します。

老朽化したアパートでの水漏れについて

アパートやマンションは築年数が経過するにつれ、様々なトラブルが発生します。その代表格が、水漏れでしょう。中でも多いのは、屋根からの雨漏り、配管・室内の防水(特に浴室)からの水漏れが挙げられます。
築30年を超えるとある2階建てアパートでは、1階の入居者から、天井からの水漏れの苦情が繰り返し出ていたそうです。その都度、修理をしても再発を繰り返す…。詳細に調査すると、2階の浴室の防水に亀裂が入り、そこから水が浸入していたのが原因でした。

老朽化したアパートでの水漏れの原因について

最近の浴室のほとんどはユニットバスのため、配管が外れたりしない限り水漏れの可能性は極めて低いのですが、昔ながらの防水モルタルとタイル張りの浴室においては、経年劣化で防水層に亀裂が入り、ついには階下へ水漏れしてしまったようです。
このように、古い仕様の浴室については、全体に渡り防水のやり直しが必要となります。さらに、漏水が発生してから時間が経っていた場合には、鉄骨製の梁が錆びたり木製部分が腐敗している可能性もあるため、建物の躯体部分の修繕・工事なども必要となるケースも多々あります。

その他、古築アパートでの水漏れについて

築年数を重ねれば重ねるほど、上記のようなトラブル以外にも、様々な箇所から水漏れが発生する可能性があります。
たとえば、サッシまわりのコーキング切れが原因による窓周辺からの雨漏り、木造の屋根全体の防水加工劣化による雨漏り、瓦屋根の下地の腐食による雨漏りなど、経年劣化に加え、古い工法や資材を用いていることにより、近年の集合住宅とは異なる問題も抱えています。
築浅物件以上に、定期的な調査やメンテナンスが大切なのです。

水漏れ対策料金表