集合住宅の水漏れは、発生箇所も原因も多種多様

水漏れや雨漏りは、戸建て住宅に限ったトラブルではありません。居住者も多く、共有部分もあるため、修繕の検討も決定も自己の都合だけで進められません。場合によっては、賠償問題などにも発展することもあり、戸建ての場合より解決が困難なケースもあります。

マンションでの水漏れについて

マンションで水漏れが起きた場合、必ずしも上の住居が原因の場合ばかりではなく、離れた位置の部屋の浸水が原因という場合もあります。あるいは、居室ではなく壁の中で水が吹き出している…という可能性もあります。
また当然、被害を被る側だけでなく、知らない間に原因や加害側になっていることもあります。ある日突然、苦情と弁償の請求がやってくる可能性がないとは、だれにも断言できません。
また、こうしたトラブルは、新築・中古を問わず発生する可能性はあるとはいえ、概ね築30年を超えるマンションで発生する割合が高くなっています。なぜなら、当時の使用素材は現在に比べて水準が低く、たとえば給水管には亜鉛メッキ鋼管などが採用されており、最近のマンションに多い塩ビライニング鋼管に比べ腐食しやすいのです。さらに、配管がコンクリートに埋め込まれていたり、メンテナンスを考慮した設計となっていない建物が多く、被害が拡大しやすく原因を発見しづらい…というのが一般的です。
いずれにせよ、マンション・アパートでの水漏れは、原因特定が困難なだけでなく、一戸建ての場合に比べて面倒な話に発展しやすく解決が複雑なケースが多いようです。

私たち「住まいる水道サポート」では、こうしたマンションでの水漏れ・雨漏りの調査・修繕などについても豊富な実績を有しています。あらゆる側面から原因を調査・追求し、迅速な対応を行ないます。また、こうしたトラブルを未然に防ぐための点検やメンテナンス契約も歓迎します。

水漏れ対策料金表