マンションでの漏水。原因によって対処は様々

戸建ての場合とは異なり、水漏れがどこで、どんな原因で起きているかにより、その責任の拠り所が変わってきます。まずは、原因を特定することが最重要課題になります。

マンションでの水漏れの原因について

水漏れや浸水が、一体どこかで起きているかを特定するのが対処の第一歩です。
とはいえ、たとえばある部屋の天井部分で染みが見つかったとしても、原因は実は直上の部屋ではなく、その隣りの部屋だったいうことも多々あり、発生箇所の特定は想像以上に困難です。しかも、水漏れは音や臭いをともなわないことがほとんどなので、発生側の居住者本人には自覚がないこともあります。水漏れ現場確認のため上階などへ訪問が必要な際も、不要な人間関係のトラブルを招かないためにも、できる限り管理会社スタッフなどに依頼するようにしましょう。

共有部分/占有部分での水漏れについて

マンションに張り巡らされている配管は、共用部の水道管や排水管、屋根からの雨水樋など様々です。これらが漏水を起こし、どこか一室にのみ漏水被害を及ぼすこともあります。
たとえば、雨樋が落ち葉などで詰まって、行き場を失った雨水が最上階の部屋に侵入したというケースも過去にあります。
大概のマンションでは、修繕費積立や管理費などにより修繕が行なわれます。
また、ある住居の床下を共用配管が走っている設計のマンションにおいて、この配管が漏水の原因となっている場合、上の住民に自覚はない一方、場所を特定するにも修理するにも上の階の住人の協力が必要になります。さらには、こうした部分はその床の上の住居に属するとして、上の住人に賠償責任が生ずるケースもあれば、共用部分として解釈されるケースもあり、管理会社との規約や取り決め、話し合いによって、その都度異なるようです。

水漏れ対策料金表