マンションでの漏水。修繕以上に責任・賠償問題が厄介…

集合住宅で水漏れなどの損害が発生した場合は、その責任を誰がどう負うのかというのが問題になります。そうしたトラブルを回避するためにも、保険の活用をおすすめします。

マンションの水漏れでの費用・責任について

水漏れに限らず、マンションなどの集合住宅において、火災・物損・水漏れなどあらゆる損害はそれを発生させた人が賠償責任を負うというのが原則です。個人対個人の場合はもちろん、個人対管理組合、管理組合対個人という場合においても同様に扱われます。
たとえば、ある住居の台所で水漏れが起き、階下の部屋の天井に水シミができてしまった場合は、前者が後者の損害に関して賠償を行う必要があります。あるいは、ある住居の外置き洗濯機から水漏れが起きて同フロアの廊下全体が水浸しになってしまった場合は、その住居の住民が自分の責任と費用で対処する必要があります。さらに、共用部分の壁内配管が破裂して、いくつかの部屋に浸水被害が及んでしまった場合、管理組合がそれら全部屋の修繕費用を支払うことになります。
また、集合住宅における水漏れは、原因箇所の特定に費用も手間もかかるのが特徴です。これらの調査段階にかかった費用も賠償責任の中に含まれているのが一般的です。規模にもよりますが、最終的にかなりの金額になるケースも多く、「個人賠償責任保険」などへの加入も検討しておくことをおすすめします。

水漏れの際の賠償保険について

マンションでの水漏れは静かに進行していることも多く、実際に被害が出るまで気が付きにくく、気づいたときには周辺住民にも大きな損害が及んでしまっている可能性もあります。
トラブルを起こした側の住民には当然、弁償などの責任が発生しますが、当事者に代わって支払いをしてくれる保険も存在します。個人向けの「個人賠償責任保険」と管理組合向けの「施設賠償責任保険」がこれに当たります。基本的には、火災保険や傷害保険、自動車保険などの特約として契約することになります。特約でも、本体の保険と保険内容は直接関係なく、自動車保険特約となっている場合でも、マンション水漏れなどを含む様々な「賠償」に対応することができます。こうした保険に加入していることを認識していないことも多いようですが、万が一のときのために、確認しておくとよいでしょう。

水漏れ対策料金表