雨どいの詰まりや水漏れの修理について

戸建ての周りに張り巡らされている「雨どい」。普段は気にすることはありませんが、実は家を守るたいへん重要な役割を果たしています。老朽化したり破損したりした箇所をそのままにしておくと外壁や土台が腐る原因にもなります。簡単な修理方法をご紹介しましょう。

雨どいのパーツと点検ポイント

屋根の雨水を集め、排水する役割を担っているのが雨どいです。地面と平行に走っているのが「軒どい」、地面と垂直に走っているのが「竪(たて)どい」です。そして、軒どいの水を集めて竪どいに送っているのが「集水器」と呼ばれる、漏斗のような形の部分です。
雨どいは、長年放っておくと枯れ葉やゴミ、泥などが少しずつ溜まって詰まることがあります。そのままにしておくと、雨漏りや木部の腐敗の原因にもなりますので、以下のポイントについて定期的にチェックすることをおすすめします。

  • ○横どいを支えている受け金具は、きちんと固定されているか
  • ○といが異常な曲がり方をしていないか
  • ○集水器に落ち葉やボールなど、流れを妨げる異物が詰まっていないか
  • ○継ぎ目が割れたり外れたりしていないか
  • ○地面に、といから漏れた雨だれの跡ができていないか

雨どいのDIY修理方法

雨どいに破損や詰まりを見つけた場合、自分でできる掃除や修理についてご紹介します。

  • ○ゴミや異物が詰まっている場合
    まずはバケツなどに水を汲み、集水器から流してみます。速やかに流れない場合は、集水  器から針金を通して、たてどいの下に出します。その針金に布を結びつけて針金ごと上下させ、といの中を掃除してみてください。
    針金が通らないほどの詰まりの場合は、といの壁側の上部を金切りノコなどで切断し、ゴミを掻き出した後に、切断部分を接着して直しておきましょう。
  • ○接続部分がゆるんでいる場合
    接続部分をいったん外して接着剤を塗り、再びはめ直します。塩ビの雨どいの場合は、市販の雨どい用接着剤を使うとよいでしょう。
  • ○ひび割れや穴がある場合
    周囲の汚れを落としてからアルミの雨どい補修テープを貼って補修します。
  • ○一部が破損した場合
    軒どいや竪どいの一部が壊れた場合、塩ビ製ならば市販の部品があるので、それと交換ができます。最初に傷んでいる部分を取り外し、金切りノコで壊れている箇所を切り取ります。その後、新しいといを適切な長さに切り、古いといと接続します。軒どいはパッチン継ぎ手を使用しますが、竪どいの場合はといつなぎを使用します。いずれの場合も、雨どい用接着剤でしっかりと接着するようにしてください。

その他、古築アパートでの水漏れについて

築年数を重ねれば重ねるほど、上記のようなトラブル以外にも、様々な箇所から水漏れが発生する可能性があります。
たとえば、サッシまわりのコーキング切れが原因による窓周辺からの雨漏り、木造の屋根全体の防水加工劣化による雨漏り、瓦屋根の下地の腐食による雨漏りなど、経年劣化に加え、古い工法や資材を用いていることにより、近年の集合住宅とは異なる問題も抱えています。
築浅物件以上に、定期的な調査やメンテナンスが大切なのです。

水漏れ対策料金表