配管の詰まりの種類は様々。まずは箇所の特定を

配管の詰まりとひとことで言っても様々なパターンがあり、大きくは給水管の詰まり、排水管の詰まり、汚水管の詰まり、エアコンのドレン管の詰まりなどです。それぞれの箇所や症状で、対処方法が大きく異なります。

配管の詰まりの種類について

  1. ○ 給水管の詰まり
    給水管は、配管内でのサビの発生によるサビこぶが原因で管が閉塞し、詰まる場合があります。その際は、給水管超音波洗浄機という洗浄システムが適しています。
  2. ○ 排水管の詰まり
    排水管は徐々に汚れがたまり、流れがだんだん悪くなっていきます。“少しずつでも流れているから”と、そのままにしていると、やがて完全に流れなくなるので油断は禁物です。
  3. ○ 汚水管の詰まり
    汚水管は、トイレの便器または管にトイレットペーパー以外の紙や異物が詰まってしまった場合がほとんどです。その他、便器本体と床の継手のパッキンの取付ミスによる閉塞や、タンクに十分に水が溜まる前に次の方が利用し、水量が不足して詰まりが発生することなどもあります。
  4. ○ 空調ドレン管の詰まり
    エアコン等空調機の結露水を排水する役割を担うドレン管ですが、ここにゴミや泥などが溜まることが、詰まりの原因の多くを占めます。夜間エアコンを止めた場合、ドレンパンに溜まった水にバクテリアが発生し、それがゲル化しドレン管を詰まらせてしまうのです。

配管の詰まりの種類について

  1. ○ 配水管の詰まりの場合
    キチンにおいては、油脂分の蓄積がほとんどの原因です。具体的には、フライパンや食器などに付着した油に洗剤と水が反応して固型化。これらが管内に付着するのです。
    浴室や洗面排水では、毛髪や石けんカスなどの蓄積によって詰まるケースがほとんどですが、カミソリのカバーやシャンプーの蓋などの異物が詰まっている場合もあります。

定期的に高圧洗浄による管内クリーニングを行ない、詰まりや臭いの発生を防ぎ、また虫や細菌などの温床となることを避けるためにも、定期的なメンテナンスをおすすめします。

水道の配管トラブルの料金表