蛇口の水漏れ。原因探しがカギに

蛇口の故障のうち、いちばん多いと言っても過言ではないのが“水漏れ”です。
ひとくちに蛇口の水漏れと言っても、まずは、蛇口のどの部分からの水漏れなのかを突き止めることが肝心です。水漏れしている箇所によって、原因も解決法も様々だからです。

蛇口の水漏れの部位と原因について

水道の蛇口きちんと締めているにも関わらず、水が止まらないという場合。主な原因としては、パッキン、スピンドル、カートリッジなど部品の故障が考えられます。その際は、パッキンかスピンドルの交換をするだけで、ほとんどの水漏れを直すことができます。
蛇口の先端からの水漏れの場合は、ハンドルの締めが弱くなっているのが原因でしょう。逆に、ハンドルの根元から漏れている場合は、ハンドルの締めが緩くなっていると思われます。
あるいは、蛇口本体が壁に取り付けられている境目から水が漏れている場合は、壁の内側の部分に不具合がある場合がほとんどです。
さらに、設置後10年を超えている蛇口は、部品を交換するだけでは直せない可能性もあります。設置から10年を超えている蛇口に関しては、買い替えも視野に入れておくことをおすすめします。

蛇口の水漏れの修理依頼について

上記のように水漏れを発見した場合も、保証期間内であれば修理などが無料になる場合もあるので、まずは保証期間内かどうか確認してください。
とはいえ、外観のみで故障の原因が分かることは少なく、どこかにヒビが入っているなど、蛇口上部を分解してみなければ原因が分からないケースも多々あります。また、部品の交換だけで一見、簡単だと思われる修理においてもトラブルが起きないとも言い切れません。
蛇口の水漏れに気付かれたら、原因調査・修理は私たち「住まいる水道サポート」にご依頼ください! 万が一のケースも想定した上で、万全の対応をいたします。

蛇口の水漏れの原因と主な修理方法

蛇口の水漏れの原因

蛇口の付け根から水が滲んでいたり、回したとたんに蛇口が壊れてしまったり、蛇口やハンドル、レバーが使いにくくなってきちんと閉まらなくなったり、硬すぎる、緩すぎるなどの症状が出て気を付けないと水がちょろちょろ流れたままになってしまうといった場合があります。
このままでは水道代がかかり、水ももったいないので修理をお願いする必要があります。
また、床から水が滲み出てくる場合、水漏れだけでなく排水口の詰まりの影響も考えられ、家も傷んでしまう虞があるので早めの対策が必要です。
水道工事業者に連絡をとって早めに修理に来て貰えるよう依頼をするとともに、絶えず、水が漏れているのであれば、待っている間はバルブなどを閉めて水が流れないようにしておきましょう。
蛇口の故障原因の中でも最も多い水漏れは蛇口のどの部分から生じているかによって修理方法やかかる費用が異なってきます。
ハンドルを閉めているのに水が流れている場合、主にパッキンやスピンドル・カートリッジなどの部品の劣化が原因であり、この場合はパーツ交換で直ぐに直ります。
直ぐに原因が分からない場合には蛇口の上部を分解することで状態がつかめます。
蛇口の本体自体が劣化している場合にはパーツ交換ではなく、蛇口そのものを交換する必要も生じます。
保証期間が過ぎ、10年以上使っている場合に起こりやすい症状です。

修理作業の流れ

水漏れの修理方法の流れは次のようになります。
まずは作業の妨げにならないよう、止水作業を行います。
作業前止水を行ったうえで原因がどこにあるのかの調査を行い、パーツや蛇口の不具合を確認して原因を特定します。
パーツの劣化や不具合が原因であれば、蛇口を分解後にパーツを交換します。
一方、接続部分の緩みや蛇口のねじ部分や分岐などから漏れている場合にはネジの締め直し、部品交換で対処します。

蛇口取替前
蛇口取替中
蛇口取替後
作業前
作業中
作業後
    

蛇口の水漏れ修理の料金